マーケティングのネタの情報   企画と戦略で効果アップ

マーケティングの4Pの商品開発・価格戦略・プロモーション戦略・流通のアイデアを時代とともに効果的に活用していきます。 消費者の行動も複雑で多様化した今、アイデアのネタでこれからの企画・戦略のヒントを探していきます。

人が育つ仕組み・環境

人が育つ仕組み・環境

 

f:id:marcoporlo:20180811121643j:plain

 

会社や社会があなたに何ができるかでなくて、あなたが会社や社会に何ができるか問うてほしい。

 

働くとは何か社会の中で役に立つとは何かを社員一人ひとりが会社や社会のために働く集団や会社はとても強くすばらしい会社になります。

人はそれぞれ性格や個性があります。 それぞれの特徴を経営者やリーダーがきちんと興味をもって把握し、多様な能力の相性をいかに上手に組み合わせるかが人が育つ環境づくりでもあります。 それでもって社員が仕事に情熱をもって取り組みワクワクすることを挑戦すればいいのです。 けっしてダメなところを探して消して業績を伸ばそうとせず、経営者やリーダーが前向きに挑戦し続けることで、人が育ち、強い集団になっていくのです。

 

よくいい人材が入ってくれれば、いい人が育てば会社は良くなるという人がいますが、そうではなく良い会社だから良い環境だから人が育つのです。

人の温もりのある多様な個性の上手な相性の組み合わせの会社や社会環境が人を育て、集団の力を強くする仕組みなのです。

 

 

多様性のある集団は人が育つ環境があります。 ベテランと若い人との組み合わせはベテランの豊富な経験と技術を若い人に学ぶ場を与え、若い人もITの技術や斬新な物事の見方はベテランの刺激にもなります。

お互いの長所を認め集団の中で学び合える環境があれば、技術やノウハウは集団に蓄積し、相乗効果でますます会社や社会は活性化していくでしょう。

 

 

 

 

TOP

シニアマーケティングにおける「新しい大人の市場」

広報PRのクリエイティブ・コンテンツ制作

広報の社長の写真がイマイチ

4pmarketing.hatenadiary.jp

 

 

f:id:marcoporlo:20180730151309j:plain

 

f:id:marcoporlo:20180731163909j:plain