マーケティングのネタの情報   企画と戦略で効果アップ

マーケティングの4Pの商品開発・価格戦略・プロモーション戦略・流通のアイデアを時代とともに効果的に活用していきます。 消費者の行動も複雑で多様化した今、アイデアのネタでこれからの企画・戦略のヒントを探していきます。

話題になったコラボ販促  目的別のプロモーション

話題になったコラボ販促  目的別のプロモーション

f:id:marcoporlo:20180903120440j:plain

 

 

 

 

幅広く商品やサービスをどう訴求していくか、目的に合わせてさまざまなプロモーションツールを使い分けて企画していくことが大切です。 商品の強みを一方的にアピールするのではなく、消費者の立場にたって動画や、SNS、イベント、ポップアップストアなど企画していくことが重要です。

 

 

ライザップ x  ファミリーマートのコラボ販促

 

ライザップとファミリーマートのコラボで糖質コントロールできる商品が発売されました。 ライザップはパーソナルトレーニングジムでダイエット・糖質コントロール・結果にコミットするといったブランディングイメージが消費者には浸透していて、ファミリーマート側ではその認知力は魅力的です。  反対にライザップ側にとってファミリーマートの全国の店舗ネットワークと幅広い利用者層はトレーニングジムに通わない消費者への新しい見込み客へのアピールにもなります。 健康食品はまだまだ成長中のジャンルですのでお互いWIN/WINのコラボ販促でもあります。

 

 

marcoporlo.hatenablog.com

 

おもわず行ってみたくなる集客プロモーション

 

店舗やイベントへの集客プロモーションでは、行ってみたい、見てみたい!と思わせ行動させるきっかけが必要です。 ポイントはものをアピールするだけではなく「体験」を提供することです。 またスマホでかわいい写真や自慢したくなる写真が撮れる仕組みを作ることで集客がさらに集客を呼ぶことが可能になります。

 

f:id:marcoporlo:20180903120651j:plain

ブランドの世界観を体験できる森永乳業GODIVA Choco Drink Studio

 

森永乳業は表参道にGODIVA ミルクチョコレートのプロモーションでポップアップストアを期間限定でオープンしました。

GODIVAの生まれの土地のブリュッセルのグランプラス広場をモチーフにした装飾で世界観をつくりかわいいイラストとスマホで写真を撮影できるコーナーも設置していました。 来場者はチョコレートドリンクと写真を撮り、ハッシュタグをつけてSNSに投稿してそれを見た人がまた来場してと予想以上の反響がありました。

夜間には人感センサーとプロジェクターを使った映像演出で、閉店後も通りを歩く人へのアピールも効果的だったようです。

 

 

 

TOP

警備会社のブランディング

暑い夏のプロモーションのノウハウ

お問い合わせ

 

4pmarketing.hatenadiary.jp

 

f:id:marcoporlo:20180730151309j:plain

 

f:id:marcoporlo:20180731163909j:plain